アビリティーズは、店舗と共に利用いただける貴方の福祉サービス相談員です。

 

床ずれ予防用具の選び方

長時間のベッドや車いす等での生活で、注意したいのが床ずれです。予防しないと皮膚組織が壊死を起こし難治性の床ずれに進行します。

アビリティーズがおすすめするのが、多数のエアセル(空気室)を並べて空気経路で繋いだロホクッション ROHO®です。
その優れた特性は、日本はもとより世界各国の医療関係者より高い評価を受けています。
特長の詳細はこちらを参照ください。ロホクッションの特長

ロホの車いすクッションは、お身体の状態や使用目的に対応する多様なタイプがあります。使用者の応じた適切なタイプを選択することが重要になります。
ここでは、最適なロホクッションを選ぶ3つの方法をご紹介します。
いずれの方法でも適切なタイプをガイドしますが、もし方法により違ったタイプを示した場合は、重視したい選択方法を優先してください。


選定方法1 利用者のニーズから選ぶ

ニーズA 床ずれ予防と姿勢保持を両立したい

床ずれリスクがある方で、姿勢に問題があり高度なポジショニングが必要な方向け。

< おすすめの製品例 >

ロホ・クァドトロセレクト

ロホ・クァドトロセレクト
シートを4分割して、それぞれの空気量を個別に調節できます。

ロホ・コンツァーセレクト

ロホ・コンツァーセレクト
坐骨結節部周辺は低いエアセル、周り高いエアセルで座位を安定。
シートを4分割して、それぞれの空気量を個別に調節できます。

ロホ・エンハンサー

ロホ・エンハンサー
坐骨結節部周辺は低いエアセル、周り高いエアセルで座位を安定。
大腿部と坐骨結節部の2か所の空気量を、それぞれ個別に調整できます。

ニーズB 床ずれ予防を優先したい

床ずれがすでにある方、リスクがある方、痛みで車いすに座れない方、骨突出している方向け。

< おすすめの製品例 >

ロホ・ベストセラーシリーズ

ロホ・ベストセラーシリーズ
スタンダードな1バルブタイプのロホクッション。
エアセルにより効果的に床ずれを予防します。
※ 簡易空気圧チェッカーが接続できる、スマートチェック対応タイプもございます。

ロホ・リクライナー

ロホ・リクライナー
臀部から背中にかけて、床ずれリスクのある方に。
※ 特注製作のみです。
ページ一番上の「お問い合わせメール」などからお問い合わせください。

ニーズC 座位安定性を優先したい

エアセルとフォームを組み合わせたハイブリッド型クッション。
空気の移動量が少なく、座位の安定性を高めたタイプ。

< おすすめの製品例 >

ロホ・エアライト3

ロホ・エアライト3
ポリウレタンフォームの坐骨部分に空気調整不要のエアセルを内蔵。
クッション高が低く、安定性と除圧効果を両立。
軽くて丈夫。撥水性に優れたカバーを採用。

ロホ・ハイブリッドエリート

ロホ・ハイブリッドエリート
ウレタン付のカバーで大腿部もしっかり除圧。
床ずれリスクが低い方、座位保持が困難な方に適します。
1バルブタイプ(スマートチェック用もございます)は仙骨座りの方に、2バルブタイプは身体に傾きのある方・円背の方にお勧めです。

ロホ・ハーモニークッション

ロホ・ハーモニークッション
やわらかめのベースで、移乗や着座の際にも安定。
床ずれリスクが低い方、座位保持が可能な方に適します。



ニーズD 座るシーンに合わせ快適性を重視したい

運転など短い時間利用する方、床ずれリスクの低い方、姿勢保持のできる方、骨突出があまりない方向け。

<おすすめの製品例>


ロホ・モザイククッション

ロホ・モザイククッション
座り心地の良さと体圧分散が必要な方向け。
高さ約5cm。床ずれリスクが低く、座位保持が可能な方向け。

ロホ・バケーションクッション

ロホ・バケーションクッション
出先や運転時の椅子向け。
沈み込みが少なく、座位の安定性に優れています。
座り心地の良いカバー付。

ロホ・ミニマックス

ロホ・ミニマックス
車や飛行機、映画館などの座席向け。
高さ3cmのミニエアセル。
床ずれリスクが低く、座位保持が可能な方。


選定方法2 身体特性から選ぶ

●床ずれリスクのレベルと床ずれの有無(下記の表を参照)。
痩せ型、お尻や太ももの筋肉や脂肪が無い方、骨突出が大きい方は、なるべくエアセルの高いベストセラーシリーズ/クァドトロセレクトのハイタイプなどをお勧めします。

● 座位保持能力のレベルと床ずれの有無(下記の表を参照)。
ご自身で姿勢を変えられない方は、エアセルの高いベストセラーシリーズ/クァドトロセレクトのハイタイプ、コンツァーセレクト、エンハンサーなどをお勧めします。

● お尻に痛みを感じる方は、エアセルの高いベストセラーシリーズ/クァドトロセレクトのハイタイプなどをお勧めします。

● 身体の安定と床ずれの不安のある方は、ベストセラーシリーズ/クァドトロセレクトのミドルタイプなどをお勧めします。

●仙骨座り、身体に傾きのある方、円背のある方はクァドトロセレクト、コンツァーセレクト、ハイブリッドエリート2バルブをお勧めします。



選定方法3 使用環境から選ぶ

●床ずれリスクの高い方、長時間車いすに座られる方には、クァドトロセレクトやベストセラーシリーズ、スマートチェック用ロホのハイタイプなどエアセルの高いタイプをお勧めします。

●リクライニング・ティルト車いすを使われる方には、コンツァーセレクト、エンハンサー、ロホリクライナーをお勧めします。

●足こぎで車いすを使う方には、足こぎ用に設定でき、座面高の変化が少ないクァドトロセレクトシリーズをお勧めします。





空気圧簡易チェッカー スマートチェック用ロホについて
ベストセラーシリーズ,ハイブリッドエリート(1バルブタイプ)には、スマートチェック用もございます。
スマートチェック用は、通常のロホにスマートチェック用のアダプタを追加したものです。
簡易空気圧チェッカー:スマートチェック(別売り)を併用することで、より簡単に空気圧を調整することができます。
スマートチェック


・合わせて知っておきたいロホの空気調整方法 空気調整方法のビデオを一挙にご紹介
「正しい空気調整」はYouTubeでの人気タイトルとなっています。
・こちらのQA集もご参考にしてください。 ロホ車いすクッションのQ&A集

・ロホクッション販売ページはこちらです ロホクッション


このセクションには商品が登録されていません