アビリティーズは、店舗と共に利用いただける貴方の福祉サービス相談員です。

 

食器やお箸などの食事の用具

食事を容易にする食器や箸、スプーンなどをご案内します。 毎日の食事は自分のペースで味わって食べたいもの。利き手交換した手でも持ちやすく使いやすいお箸やコップ、片手でもすくいやすいお皿などを上手く活用すれば、1人でも食事をすることができます。スプーン1本から自立がはじまります。



お皿・お椀

お皿・お椀

スプーンで横からすくう場合は底面積の広い平たい食器、お箸やフォークで刺すことが多い場合は少し深めの小鉢、食器のフチが内側にそった「返し」があると片手ですくう際に便利です。 底に滑り止めのゴムが付いたお皿は、動きにくく重宝します。

おすすめの製品例


飲み物用具

飲み物用具

倒してしまってもこぼれないコップ、首をあまり動かさなくても飲めるように内側が傾斜した形状のコップ、しっかり握れる大きな持ち手のマグカップなどがあります。 ストローを使用される方は、ストローを固定できるクリップが便利です。 高齢になり頻繁な水分補給が必要になる場合があります。安定して使いやすいものを用意したいものです。

おすすめの製品例


箸・フォーク・スプーン等

箸・フォーク・スプーン

「ご飯はお箸で食べたい・・・」。片麻痺で利き手交換した方、手の巧緻性・握力などの低下により「箸が上手に使えない」という方は、ホルダー一体型の箸やピンセットのように握るだけで箸先が合い自動で緩められるものをお試しください。 握るような簡単な動作でお箸が使えます。
スプーンやフォークが握りづらい場合、 柄を太くしたものを使用することや、普通のスプーンやフォークにスポンジを取り付けて柄を太く、握りやすくすることもできます。 自分用に柄を曲げられるスプーン、割りスプーン、手に装着して握り動作を補助するホルダーも便利です。

おすすめの製品例


便利なその他、食事補助具

食器の下にすべり止めマットを使用すると、片手でも食器が動かずにお食事がしやすくなります。 食べこぼしがちな方でも、食べ物をキャッチするエプロンを使用すると汚れが気になりません。 通常の食器でも道具で工夫をすることにより食事が容易になります。

おすすめの製品例

このセクションには商品が登録されていません

レビュー

データが見つかりません