アビリティーズは、店舗と共に利用いただける貴方の福祉サービス相談員です。

DVD 認知症ケアマッピングをご紹介します 【シルバーチャンネル】

パーソン・センタード・ケアと認知症ケアマッピングの概要、実際の実践風景を紹介
2,916  (税込)
(税抜 2,700 )
必要ポイント数: 2700 ポイント
9E9531
在庫あり
+
  • Pinterest

パーソン・センタード・ケアと認知症ケアマッピングをわかりやすく解説

パーソン・センタード・ケアと認知症ケアマッピングの概要、実際の実践風景を紹介しています。

パーソン・センタード・ケア

パーソン・センタード・ケアとは、1990 年頃にTom Kitwood(トム・キットウッド:1937-1998)によって提唱された認知症ケアの考え方(価値基盤)です。当時、認知症をもつ人の症状は、脳の障害によって引き起こされるもので、認知症が進行すればよくない状態(ill-being)を経験することはしかたのないことだと考えられていました。しかし彼は、認知症の進行と本人がよい状態(well-being)を経験することとは連動しないと考えました。その人の心理的ニーズ※を満たし、パーソンフッド※ を高めることで、認知症が進行してもよい状態を持続し得ると考えたのです。

※心理的ニーズ:認知症をもつ人たちの5つの心理的ニーズ 1.くつろぎ、2.アイデンティティ、3.愛着・結びつき、4.たずさわること、5.共にあること
※パーソンフッド:一人の人として、周囲に受け入れられ、尊重されること

認知症ケアマッピング(DCM)

DCMは、パーソン・センタード・ケアを実践するためのツールです。具体的には、研修を修了したマッパーが、認知症をもつ人の状況を半日程度観察記録し、その人がどのようなケアを受けていて、どのように過ごしていたかをケアスタッフにフィードバックします。スタッフはフィードバックを、ケアの振り返りやケアの実践に活用します。

(認知症ケアマッピングがもたらす変化)
DCMを導入した多くの高齢者施設で、認知症をもつ人の心理的ニーズが阻まれるような出来事が減少し、心理的ニーズが満たされる機会が増加しています。また、DCMを実施することで、認知症をもつ人の焦燥(しょうそう)と呼ばれている行動を減少させたという研究報告もあります。DCMは、認知症をもつ人のよい状態を向上させ、チームケアや組織を発展させるために活用されています。

パーソン・センタード・ケアと認知症ケアマッピング基礎研修

英国ブラッドフォード大学が開発したコースです。欧州・米国、日本をはじめアジアでも開催されています。日本には、2004年に認知症介護研究・研修大府センターがパートナーとなり導入され、その後は日本人トレーナーによって研修が行われています。現在では1,400名をこえる方が基礎研修を修了しています。研修では、価値基盤となるパーソン・センタード・ケアの理念を身につけることを重視しています。介護職・医療職を問わず、認知症にかかわるすべてのスタッフ・チームを対象とした研修です。研修終了者には、認知症介護研究・研修大府センターが英国ブラッドフォード大学とのパートナーシップに基づき、認定資格証を発行します。

(研修トレーナー)
水野裕 日本ストラテジックリード(いまいせ心療センター副院長)、中村裕子(認知症介護研究・研修大府センター研修部主任研修指導主幹)、村田康子(NPO法人パーソン・センタード・ケアを考える会代表)、住垣千恵子(国立長寿医療研究センター副看護師長)、鈴木みずえ(浜松医科大学地域看護学講座 教授)、桑野康一(NPO法人シルバー総合研究所代表)

(参考文献)

  1. パーソン・センタード・ケアを実践するために 認知症ケアマッピング(DCM)って何?, 認知症介護研究・研修大府センター,愛知(2015)
  2. 水野裕監訳、中川経子訳:認知症とともに生きる人たちのためのパーソン・センタードなケアプランニング.クリエイツかもがわ,京都(2015)
  3. DCM(認知症ケアマッピング)第8版マニュアル(第3版),認知症介護研究・研修大府センター,愛知 (2014)

サンプル動画

注意点

・この商品は、発送まで4~7日いただきます。

形態 :DVD
分数 :15分
製作年:2009年
製造者:株式会社シルバーチャンネル

商品タイプ:
DVD

投稿はありません