アビリティーズは、店舗と共に利用いただける貴方の福祉サービス相談員です。

バランス訓練具 スタビリティトレーナー

片足で立ちで下肢と体幹をトレーニング
7,438  (税込)
(税抜 6,762 )
必要ポイント数: 6762 ポイント
E17600
在庫あり
+
  • Pinterest
  • お問合せ

バランス訓練 スタビリティトレーナー 保存 保存して閉じる 一般 画像 SEO オプション 配送情報 数量割引 入荷通知 アドオン 追加情報 商品タブ セット販売 タグ 添付ファイル ポイント レイアウト インフォメーション 名前 バランス訓練 スタビリティトレーナー サプライヤー -なし-

対象者

  1. 骨折などの怪我により、下肢の筋力がおちてしまった方。
  2. 運動感覚の障害をお持ちの方。
  3. 年齢を重ねたことにより、転びやすくなった方など。

機能

  1. 転倒予防のためのバランス運動に活用できます。
  2. 下肢のトレーニングに活用できます。

長所

  1. トレーナーの上に片足で立つ基本動作から、素振りや投球フォームを取るなど様々な運動と組み合わせて難易度を上げることができます。
  2. セラバンドを併せて使用するなど、様々なトレーニングに応用することができます。
  3. 汚れた場合は、石鹸または中性洗剤で洗って清潔を保てます。

スタビリティトレーナー 基本練習
スタビリティトレーナー 応用練習

トレーニング方法

☆基本編☆
トレーニングをする方のバランス感覚や障害の程度、それぞれの身体能力に合わせて、3つのレベルからトレーニング方法を選択します。
クッションが硬くバランスをとりやすい緑色と、柔らかくてバランスをとるのが難しい青色の2種があり、片足で立ち、バランスを保つ動作が基本となります。
  • 〔レベル1〕スタビリティトレーナーを使わずにトレーニングをする。
  • 〔レベル2〕緑色のスタビリティトレーナー1枚を使ってトレーニングをする。
  • 〔レベル3〕青色のスタビリティトレーナー1枚を使ってトレーニングをする。

スタビリティトレーナー トレーニング方法 レベル
スタビリティトレーナー トレーニング方法

注意点

  1. バランスや姿勢の維持が非常に困難な方、骨粗しょう症等の方などで、転倒による危険度が非常に高いと予想される方は、ご使用の前に医師等の専門家にご相談ください。
  2. 1つの運動を行う前に、まずスタビリティトレーナーを使わずに動作を行ってみて、安全に運動ができるか試してみてから、スタビリティトレーナーを使用してください。
  3. 補助が必要な場合は、椅子などの安定したものにつかまって練習してください。
  4. ご使用前にトレーナーの表面が滑らないことを確認してください。
  5. 汚れ防止のカバーをつけて保存される場合は、使用時には必ず外してください。滑り止め効果がなくなり、転倒の恐れがあります。
  6. 練習中は周辺に突起物や鋭利な刃物を置かないようにしてください。また、ハイヒール等のとがった靴を履いてトレーナーに乗らないでください。破損の原因になります。
  7. 練習中に痛みが生じた場合は、すぐに練習を中止し、医師等の専門家にご相談ください。
  8. お手入れの際は、磨き粉・漂白剤は使用しないでください。変質する恐れがあります。
種別 安定度
サイズ 重量
ソフト 上面:42×23cm、底面:44×25cm、厚さ:5cm 290g
ファーム 上面:37×21cm、底面:38×22cm、厚さ:5cm 300g

規格材質:ポリ塩化ビニール
※形状はプリン型で、下面は上面よりやや大きくなっています。

※製造過程の都合上、寸法は±8%の誤差が生じる場合がありますので、ご了承ください。

商品タイプ:
上肢・体幹(バランス)・下肢訓練器具

投稿はありません